社長メッセージMessage

私達のウェビックからみんなのウェビックへ

2000年バイク用品というニッチなマーケットに挑戦
~ベンチャースピリットの時代~

 2000年に創業したウェビックは2020年で創業20周年を迎えました。

 2000年はITバブルの真っ只中で楽天がJASDAQに上場し、アマゾンが日本に上陸するというECの曙を迎えた年、私達はバイク用品のECというほとんど誰も注目していないニッチな市場に取り組み、壮大な野心を胸に抱き、未踏の荒野に踏み出しました。

 ドキドキはせず、ワクワクしかありませんでした。スタートから順調に売上を伸ばし、あれもやろう、これもやろうと2010年にかけて10種類以上の新サービス、新支店を追加。
 最初の10年は圧倒的なスピード感で次から次に新しいサービスを展開した非常にベンチャーらしい「ベンチャースピリットの時代」だったと言えます。しかし、矢継ぎ早に色々なサービスを始めてみたものも、そのサービスがしっかりした形になったり、収益を生むまでにその後長い年月をかける事になるのです。

2010年あらゆる問題とあらゆる解決を探る~グローバリゼーションの時代~

 次の10年はグローバル店に象徴されるように「グローバリゼーションの時代」でした。

 2012年には台湾、ベトナムに進出し、2015年にタイ、2016年にフィリピン、2017年に中国、2018年にインド、インドネシア、香港と進出。2010年にチームノリックから始まったレースのスポンサー活動もグローバル化し、ARRC(アジアロードレース選手権)やEWC(FIM世界耐久選手権)とも関わるようになりました。

 しかし、このグローバリゼーションの10年の間に様々な問題や課題も見えてきました。圧倒的スピード感で駆け抜けた最初の10年とは違い、大きくなった組織のマネジメント問題、複雑化したプロダクツの保守、運用、改修の課題、熾烈を極めた競合との価格競争、震災や物流クライシス、米中貿易戦争などのあらゆる問題が起き、あらゆる解決を探った10年でもありました。
 思い起こせば手を変え、品を変えがむしゃらに取り組んだ10年と言えます。

2020年売上100億円突破へ

 しかし、この藻掻き苦しんだ10年でも私達は一度も減収させませんでした。

 ウェビック創業以来20年間一度たりとも減収させずに売上100億以上を達成したのです。

ここに至るまでに多くの仲間や取引先、お客様に助けられながら来ました。

 ベンチャー企業としては随分時間をかけて達成したのかもしれません。20年間一瞬たりとも気を抜かずにこの道をまっすぐ来れたと思います。苦しい時もさんざんあったように思いますが、社員と一緒に過ごした楽しい事しか覚えていません。本当にありがとうございます。

2030年意思を持って次の10年を作ります

 最初の10年が「ベンチャースピリットの時代」、次の10年が「グローバリゼーションの時代」とするとこれからの10年は何の時代になるのでしょうか。

 歴史はらせんを描いて物語られます。過去は今一度再現されるでしょう。ただし、同じ形にはなりません。らせんを描いて過去に回帰しながらも上に昇っていくのです。 進化した「ベンチャースピリットの時代」が再来です。そしてそれはテクノロジーの進化や環境の変化、人間の進化に伴うものになるでしょう。私達は意思を持って次の10年を作ります。

 私達がおこすイノベーションが世界を、二輪産業を変えていきます。そしてそれはグローバルなものとなるでしょう。
歴史は繰り返しますが、後戻りはしません。私達のグローバリゼーションもさらなる深化を遂げていきます。コロナによって生まれ変わっていく世界の中で私達が愛する二輪業界をどのようにしてサステナブル(持続可能)な業界にしていくのか、デジタルトランフォーメーションを進めていくのか、課題は尽きません。

 もっと高く、もっと強く、もっと賢く、もっと優しくなるために初心に帰り、事業、会社、組織、業務の全てを磨き続けていきます。なりたい自分たちに近づくために。 しかしながら自分たちを変えるだけでは十分ではありません。二輪業界、二輪産業に関わる人達全てを変えていかなければなりません。

 そのために私達が出来る事がもっとあるはずです。二輪業界に貢献し、二輪業界再生の肥やしとなり、二輪行政にも関わり、地域社会にも貢献していくような志が必要です。

 私達のウェビックからみんなのウェビックになるために。