ホーチミンをふらり、ベトナムのバイク事情

はばないすでい
ご機嫌いかがでしょう。私はそこそこ元気です。

私は今、ベトナムのホーチミンに滞在しています。
ホーチミンはただいま雨季でして、突然雨に降られることがしばしばあります。
手ぬぐいが手放せない時期です。

突然ですが、ベトナムのホーチミンをふらふらしながら見かけた光景を書いていきます。

今回は、ベトナムのバイク事情です。

ベトナムといえば、道をあふれんばかりのバイク!というイメージをお持ちの方が多いことと存じます。

実際はどうなのでしょうか。

多いです

やっぱり多いです

最近は車が増えた印象がありますが、とにかく多いです

こちらは、とある公園の駐輪場の風景です。

バイクで溢れかえっています。

さすがバイク大国、ベトナム・・・
尋常な数ではありません。

バイクの数に圧倒されながら歩いていると

歩道を走ってくるバイクが・・・これはあれか、噂の「いつから歩道が安全だと錯覚していた」というやつか?

「歩」道なので、バイクは走らないのが交通ルールです。
が、歩道を走る姿はよく見かけます。

もちろん、お巡りさんに見つかったら捕まります。

ちなみにですが、歩道を歩いているのは年齢的にバイクに乗れない学生か、観光客だけです。

観光にかぎらずベトナムに来る予定がある方は、歩道を走るバイクに注意しましょう。
(特に、観光地から少し外れた市街地とかに行く方は、要注意です)

ちなみに、歩道はちょっと置いといて、バイクたちは無秩序に走り回っているわけではございません。

ちゃんと信号もあれば、走って良い車線も決まっています。

ベトナムは、右側通行です。
そして、日本と同様、バイクはキープレフト・・・ならぬ、キープライトです。
原則として、右寄りの車線を走るルールとなっています。

車は逆に、左寄りの車線を走るルールです。

真ん中の車線は混在で、バイクでも車でもOKです。

OKなのですが、ベトナムでは、車は恐ろしい存在です。
歩行者だろうがバイクだろうが気にせず、ひきそうな走りをしています。

特に右折したい車は、ゆっくり、じわりじわりと、遠慮無く右折していきます。

車、特にバスやトラックは、近づいてはいけません。必死に逃げましょう。

炎天下の中しばらく歩いていると、フッと、冷たい風が吹いてきました。

あ、これは、まさか・・・

土砂降りに・・・

「うわぁ、雨だ、噂のスコールだ。屋根のあるところに逃げろ!」

ちょっとお待ち下さい!

いや、すみません、待たなくていいです、濡れて風邪ひきます!

日本では見慣れない光景が、この雨の中でも見れます!

そう、タンデムでカッパを着て走行する姿です。

右のバイクなんて、超危ないです。

ヘッドライトとウィンカーが、カッパで隠れちゃってます。下手するとブレーキランプも隠れてます。

でも、ベトナムではこれが普通です。

バイクのフロントまでカッパをかけると、足がほとんど濡れないのです。
なので、買い物帰りなどで雨に振られても、フロントまでカッパをかけることで荷物が濡れないんですね。

後ろの、Vespaでしょうか、高級車ですね。
あの方は、靴がべちゃべちゃになっていることでしょう・・・。

ベトナムに長く滞在すると、日本とはかなり異なるバイク事情がいくつも見れて面白いです。

もし来越されることがございましたら、ベトナムシルクやアオザイだけでなく、バイクにもご注目くださいませ~

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する