リバークレインのシステム開発ってどのようなことをしているの?

こんにちは。インターネットプロダクツグループの miyamoto_ta です。

2013年秋に転職し、今年でリバークレイン歴3年半になるエンジニアです。

バイクは今までずっとオフロードバイクがメインでしたが、現在はKawasaki Ninja250SLに乗っています。

軽くてコンパクトでとっても楽しいバイクです。

さて、このエントリーではリバークレインのシステム開発ってどのようなことをしているの?といった部分にフォーカスしてみたいと思います。


リバークレインのシステム開発のお仕事ってどんなことをしているの?

リバークレインではウェビックというバイクにまつわるポータルサイトを運営しています。

私の所属するインターネットプロダクツグループでは主にユーザに見える部分の設計・開発・運用を行っています。

「見える」というとフロントエンド開発が主かと思われそうですが、サーバサイドもやればフロントエンドもやり、たまにサーバやミドルウェアのチューニングをするといった具合です。

他方の「見えない」部分、業務が円滑に進むためのシステム開発はビジネスプロダクツグループが担当しています。

技術要素

インターネットプロダクツグループで扱う言語としてはJavaがメインです。

私の場合コーディングに費やしている時間のうち8割くらいはJavaを書いているような気がします。

一部のサービスではPHPフレームワークのLaravel5も使っています。

私も昨年Laravel5によるリニューアル案件に携わりましたが、簡単に作れるところはいいですね。

バッチ処理の一部ではKotlinを実験的に導入してみました。

Javaの資産を活用できるところや、構文的にJavaよりもスッキリ書けるところが気に入っています。なによりNull安全な言語設計なところがいいですね。

いずれはWebフレームワークでも使ってみたいと考えています。

他には、お客様が欲しい商品をドンズバで提示するために検索エンジン(Apache Solr)の設定を行ったり、サイトスピードを高速化するためにサーバのチューニングを行ったりもします。

技術的負債

せっかくなので弊社の今後の改善点についてもお話しておきます。

それは技術的負債をなかなか返済できていないところだと思います。

弊社は今年で創業から17年。長期間サービスを運営していると、どうしても触ることができず、そのままになってしまった・・・とかリリースを優先してコードの質が悪くなってしまった・・・といったことはどうしても起きてしまいます。

もちろん当時としてはそれでよかったけど今となっては・・・ということもありますよね。

コツコツとではありますが負債を返済し、いっそのこと資産にしようとチャレンジする日々でもあります。


弊社エンジニアとバイク

弊社のエンジニアの7割くらいはバイクに乗っています。

入社前からライダーだった人もいれば、入社してからバイクに興味がでてきた人もいます。

私の場合は前者で、ウェビックの一ユーザとしてショッピングしようとしていたら偶然にも求人情報が目に留まり応募しました。

リバークレインでは、バイクが好きで自社サービスを運営していきたいエンジニアを大募集中です。

※もちろんバイクのことが分からなくても大丈夫です!

バイク業界によりよいサービスを提供するために一緒に働きませんか?

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する