WindowsにTensorFlowをインストールする

こんにちは。システム開発部のBeach&RiceFieldです。
最近ニュースで話題となっている「機械学習」に興味があり、TensorFlowでちょこちょこ遊んでいます。
去る2017年2月15日に、TensolrFlow1.0が無事にリリースされました。
これを機にWindowsマシンへTensorFlowをインストールしてみたいと思います。

環境の準備

WindowsでPythonを利用できるようにするため、まずはANACONDAをインストールします。
ANACONDAはpythonと、様々な数値演算用のライブラリをパッケージしたものです。

ダウンロード画面で、32Bit、64Bit、python2系、python3系のダウンロードが選択できるので、環境に合わせてダウンロードしてください。
今回は「python3系 + 64bit」のパッケージを選択しました。

ダウンロードしたセットアップファイルを実行すると、セットアップウィザードが起動します。今回は、すべてデフォルトでインストールしました。

TensolrFlow用の環境作成とインストール

ANACONDAのインストールが完了すると、コマンドプロンプト上からpythonが利用できるようになります。
今回は公式の手順からは少し外れますが、以下の手順でTensolrFlowをインストールしました。

まずはpython3.5の環境を作成します。以下のコマンドで環境が作成されます。
コマンドプロンプトから以下のコマンドを入力します。

Proceed?と聞かれるのyを入力すると環境作成が始まります。

作成されたら、activateコマンドで環境を有効化します。

後は、公式のTensolrFlowインストールコマンドを打てば終わりです。

動作確認

インストールが終わったら、Hello TensorFlowを打ち込んでみて、動作を確認します。

警告が出つつも、ひとまず動作は大丈夫そうです。これで、使い慣れたWindowsマシンでTensolrFlowを使うことが出来ます。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する