集計が便利に!WPプラグインの「Contact Form7」からGoogleスプレッドシートに自動で貼り付ける方法

こんにちは。JAGURAです。

今回もWordpressネタでいきたいと思います。
Wordpressでお問い合わせフォームを作る時、殆どの人は「Contact Form7」というプラグインを使用すると思います。私もそのうちの一人です。
PHPがわからなくてもプラグインを使用するだけでフォームが作成できますし、HTML変更やデザインも変更できますし、返信メールや控えメールも送れるので本当に便利です!

ただし、「Contact Form7」だけですと、結果を管理・集計する場合、メールからコピーしてシートに貼り付けないといけないのでとても手間が掛かります。

そこで便利なのが「cf7-google-sheets-connector」です。
これは、contact form7で送られた内容をgoogleスプレッドシートに自動で貼り付けてくれるプラグインです。

早速、「cf7-google-sheets-connector」の導入方法についてまとめていきます。
contact form7はインストール済み、googleアカウントを持っていると仮定して説明をしていきます。

1.cf7-google-sheets-connectorをダウンロードして有効化

まずはプラグインを有効化してください。

2.プラグインの設定画面を編集

プラグインメニューのGoogle Sheetsをクリック
Get Codeボタンをクリック
ご自身のgoogleアカウントをクリック
許可ボタンをクリック
コードが表示されるのでコピーしてください。
コピーしたコードを入力しSaveボタンをクリックしてください。
これでプラグインの設定とGoogleアカウントの連携が完了しました。

3.実際にフォームを作成してみます

まずはContact form7を使ってお問い合せフォームを作成。
今回はデフォルトのままいきます。
続いてフォームの内容が保存されるシートを準備します。
シート名を「サンプルフォーム」シートのタブ名を「集計」とします。
先程のシート名とタブ名をそれぞれ入力してください。
ここが一番のポイントです。
Contact Formの変数をシートの列にご自身で入力をしてください。これがないとシートに反映されません!!
実際にフォームを送信してみると・・・・・
はい!見事フォームの内容がシートに反映されました!

いかがだったでしょうか?これで集計がとても便利になりますよ!!是非試してみてください。

リバークレインでは、WordPressの構築もできるサイト運営デザイナーを募集しておりますので、是非ご応募ください!

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する