当社スタッフ【Motoエクストリーム OGA】全米選手権 Xtreme Drift Leagueで3位入賞!

【Motoエクストリーム OGA】全米選手権 Xtreme Drift Leagueで3位入賞!

■大会名
全米選手権 XDL (Xtreme Drift League)

■開催日
2017年4月28日-4月30日

■開催場所
アメリカ ジョージア州 アトランタ

■リザルト
予選:7位
セミファイナル:6位
決勝:4位 エクストラステージ進出
エクストラステージ:3位表彰台獲得

大会参戦コメント

2012年の大会開催を最後に長い間中止されていたアメリカ全米選手権 XDLが今年より復活し再開されました。

当時は最もレベルが高く、ヨーロッパやアジアのトップライダーが集結し、多くのプロライダーを産み、世界で唯一のシリーズ戦だったため、この大会で表彰台に上ることが大きなステータスになる大会でした。

私自身も2010年から三年間はこの大会を主軸に活動を行っていたため、思い入れも非常に強く今回の参戦を決定いたしました。

第1ラウンドはジョージア州のアトランタにあるサーキット場ロードアトランタで行われた全米ロードレース選手権のモトアメリカと併催でした。当日はレースの観戦者もおり多くのお客さんが来場していました。

今回の大会参戦にあたり、前週でヨーロッパのフランス SBI大会へ参戦していたため、フランスからアメリカへ直行しバイクの作成などを行いましたが、スケジュールがタイトすぎたためと、オーダーしていたフレーム作成が間に合わず、予選当日の朝まで徹夜作業を行い、練習時間はほぼなしで乗り慣れていないバイクで本番を迎えるという非常に過酷な状況でした。

そのため、予選などのランを重ねるごとにバイクになれることができ、順位が少しずつ上がっていくという結果になりました。間違いなく今までの大会参戦で一番辛い戦いでした。

OGA選手のレポート 続きは「Webike MOTOSPORT」でご覧ください!

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する