RTX1200のログを外部保存する

ヤマハのルーター、RTX1200のログ出力についてです。
ルーター自体のGUIから状況を確認したり、コマンドを打って確認する事は出来ますが、
IPアドレス別のNAT数などはその時の情報しか見ることが出来ません。
そこで外部へのログ出力をやってみました。

telnetでのアクセス方法。※RTX1200のデフォルトIPアドレス:192.168.100.1

RTXの文字コードは、sjisなのでTelnetクライアントの文字コード設定を変更しないと文字化けてしまいます。
別の方法としては、下記コマンドで出力文字コードを一時的に変更する事が出来ます。 

ascii の部分は、eucもしくは sjisを指定出来ます。

NATディスクリプタの状態を確認する。

このコマンドで誰(IPアドレス)が多くNATを使用しているか分かります。
NAT数が多い自体が発生し、その時の状況知りたい場合はtelnetでの定期アクセスによるログ取得が有用です。

ルーターコマンドそのものを実行しても問題ないですが、後々の整理の為にファイル名に日付と実行時間を入れます。 

このファイルの中で、実行するファイルを指定します。

コマンドファイルの作成。

下記コマンドで、行数が長くなった時に「次へ」のエンターキーを押さずに、全ての行数を表示します。
show nat descriptor address all コマンドなどは、行数が多いのでこのコマンドが必須です。

コマンドファイルの作成。

ここでの注意点は、show nat descriptor address all を実行した後のsleep です。
少し待たないと、実行途中にtelnetを抜けてしまうので、ログが中途半端になってしまいます。

syslogは別のやり方で外部保存できますが、後々確認する際に精査必要になります。
この方法だとコマンドの実行結果を保存する事が出来るので、調査時間を短くする事が出来ますね。

このように、調べたい内容をコマンド登録する事で、CPU使用率が高まった時など
さかのぼって調査する事ができるので、cron登録しておくと良いですね。

ログファイルの定期的な削除を忘れずに。 

まくとぅそーけーなんくるないさ。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する