ベトナム出張記 最終週 ~Good bye Ho Chi Minh編~

シンチャオ!
リバークレインのハン帽小僧です。

出張生活も、いよいよ終わりを迎える時がやってきました。

これまで、僕のブログは遊びや生活の話がメインだったので、
最後に、仕事の話にも触れたいと思います。

現地の人と仕事をしてみて、
嬉しかったこともあったり、大変だったこともありましたが、
色々と考えることも多く、勉強になったと思います。

国が違えば、仕事に対しての考え方も違うので、
自分の思っている通りに進められないこともありましたが、
まず、自分はよそ者として、相手のホームグラウンドに来ているので、
相手の考え方を受け入れることが大事だと思いました。

意見の違いや認識のズレが起こっても、
それが起きてしまうのは仕方のないこと、
その上で、いかにゴールを見失わないで軌道を保てるか、
粘り強く話し合いをし、プロジェクトを進めていくことが大事だと思いました。

救いになったのは、
滞在先の会社は、当社と同じリバークレイングループの会社だったので、
開発の完成物に対してのイメージが共有しやすかったこと、
そして、良いものを作り上げたいという想いも、お互いに持ち合えたことだと思います。

また、現地では、日本語の話せる担当者と仕事が出来たこと、
日本側のメンバーから様々なサポートが頂けたことも、
大きな助けになったと思っています。

そんな感じで、最終週は振り返りを行い、
後任のめたぼリーダー氏に引き継ぎを行い、
送別会を開いてくれたので全開でビールを飲み、
「今度は日本で会おうww」と冗談交じりで挨拶をし、会社をあとにしました。

帰りの飛行機は深夜の便だったので、
夕食後、おもむろにタクシーに乗り込み、
流れ行く夜景を眺めながら、空港に向かいました。

  

飛行機の中では見事に寝ることが出来たので、
あっという間に日本に到着しました。

5月の東京は寒くも暑くもなく、どことなくほっとしました。
日本に戻って来ても、ベトナムメンバーとの業務は引き続き行うので、
まだまだ頑張っていきたいと思います。

今回の出張で、ホーチミン市は結構回れたので、
今度は首都のハノイを見てみたいなぁ、旅行で。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する