ベトナム出張記 第7週 ~繁華街編~

シンチャオ!
こんばんは、リバークレイン夜遊び担当のハン帽小僧でございます。

今週は、ホーチミン市の繁華街を紹介したいと思います。
この市は東京23区を一回り小さくした位の広さで、
その真ん中辺りが、いわゆる都心部となっており、
オフィス、観光施設、飲食店などが豊富にあります。

まず1つ目がベンタイン市場。
食べ物や服飾雑貨のお店が並んでおり、ガイドブックの頭に出てくるほど有名なところです。
お土産もここで一通り揃えられちゃいます。
常に現地人や観光客で賑わっており、アメ横のベトナム版みたいな感じでしょうか!?
位置的にちょうど中心部にあたり、入り口の建物も目立つので、待ち合わせ場所にも使えると思います。

 

そこから東へ1kmほど行くと、ドンコイ/レタントン通り界隈と呼ばれる場所があります。
ドンコイ通り沿いには、観光ホテル、百貨店、お洒落なレストラン等が並んでいます。
レタントン通り沿いは、いわゆる日本人街で、和食屋さんが多く、日本語も通じます。
僕もしばしば、ここのお蕎麦屋さんにお世話になっています。
この界隈は高級な一角なので、相場は比較的高めとなっています。

 

一方、西へ1kmほど行くと、ファングーラオ/デタム/ブイビエン通りから成す一角があります。
安い酒場やミニホテルが立ち並び、夜遅くまで賑わっているのが特徴です。
ここは、西洋人の観光客が圧倒的に多く、路上にはみ出んばかりの感じで、人々が飲んでいます。
英語は通じるようで通じないような感触がありますが、基本的に何とかなります。

 

ちなみに、繁華街を歩いていると、色々と声を掛けられますが、
あらぬトラブルに巻き込まれないためにも、
甘い誘いや知らない人について行くのは控えましょう(`・ω・´)

あ、あと、筆者のように、繁華街でケータイを持ち上げて写真を撮るのは、
盗難のリスクもあるので、十分注意してくださいませ。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

リバークレインに応募する